⇒English Site is here

現在の受注状況 - 平常:ただ今ご注文で1-3営業日ほどで発送

ライゼンバイトとは

釣りを科学するルアーブランド「ライゼンバイト」

ライゼンバイトとは、科学的な知識をもって釣りや魚、ルアーを科学的に研究し、新規性と実用性の高い製品開発を行っているルアーブランドです。

前身ブランド「Evander Romanno」の設立は2006年。ライゼンバイトが設立されたのは2010年の事でした。それより以前は、ルアー業界において釣りを科学的にとらえ、研究・開発を行い、その知識を一般向けに提供するメーカーは、国内にはほぼ存在していない状態でした。

当時としては釣りを科学的に研究し、製品を開発する事自体が国内では新しい試みであったため、釣り業界内外から多くの心無い非難もありました。

「そもそも釣りというものは、魚の生態学的知識をもって魚を釣るものであり、釣り自体が本来科学的なものであって、科学的なアプローチを否定する事自体が矛盾している」といった主張も理解される事なく、門前払いする業界人もいたほどです。

しかし今日においては、ライゼンバイトの築いたものをご参考にされる大手メーカー様も増え、釣りに対する科学的なアプローチは業界の常識になりつつあります。

釣り業界におけるライゼンバイトの影響

消費者であるアングラーの皆様にはご存じない方もいらっしゃるかと思いますが、釣り業界におけるライゼンバイトの影響は、実は至るところで見られるのです。皆さんが目にする製品やインターネット上など、身近なところにもライゼンバイトが築いたものの影響は見られます。

前述の通り、現在業界内外で一般化しつつある釣りに対する科学的なアプローチと、それらに基づいた製品開発を先駆けたのもライゼンバイトです。

M社様やJ社様などから発売されている、水面を飛び跳ねるトップウォータープラグを世界で初めて開発したのもライゼンバイトです。

2010年代前期に起こった、日本のルアー業界史上最悪の黒歴史とも言える「紫外線カラー詐欺」※1を告発したのもライゼンバイトです。

D社様が製品に採用している、フッキング率をあげるカラーリングの理論と原案を公開したのもライゼンバイトです。

現在、各メーカー様が競って開発・発売を行っている、特定の魚種や状況に最適化された"〇〇専用ルアー"も、世界初の鯉専用ルアーの開発とヒットで先駆けたのがライゼンバイトです。

そのほか、ライゼンバイト製品をご参考にして頂いている製品は各社様より発売されております。

このように、ライゼンバイトが築いたものの影響は、皆さんが気づかぬ間に皆さんの釣りライフの中へと浸透していっているのです。

※1 上記は全て当ブランド調べ。「紫外線カラー詐欺」に関しては、あまりにも多数のメーカーが関与したため、事態が収拾した現在は、そのような事実がなかったかのようにされています。また、高い釣果をのぞめる紫外線を反射する塗料であると虚偽の説明をした、騒動の原因を作ったメーカーは当時公開していた根拠を示す資料をネット上から削除。それらも現在は閲覧不可となっています。詳しくは「紫外線カラー詐欺はなぜ起きたのか」を参照。

ライゼンバイトの主な開発歴

  • 2006年 航空力学の知識をヒントにそれらを応用し、世界初の「水面を飛び跳ねる小魚を演出できるトップウォータープラグ」を開発。
  • 2010年 ライゼンバイト設立後、世界初の”ただ巻きで水中を高速蛇行するプラグ”を開発。
  • 2010年 ルアーに特殊形状を施し、障害物に接触した際に生じる力でルアーの軌道をコントロール、極めて高い確率で根がかりを回避する「ペンデュラム式新障害物回避技術(PSDS)」を開発。
  • 2016年 世界初、単体使用可能でなおかつ安定した釣果を得られる、スピニングタックルでキャスティング可能な鯉釣り専用ルアーを開発。

運営統括責任者および研究開発者

加藤展幸

釣りを科学するルアーブランド「ライゼンバイト」の運営統括責任者であり、同ブランドのルアーデザイナーおよび研究者でもある。

ルアーフィッシング歴は24年。主に関西の野池と河川を中心に活動し、バスフィッシングにおける釣果は年間最高本数約1,000本。アマチュアトーナメンター主催のバストーナメントに1年間参加した際には、一度を除く全ての大会で優勝を含む上位入賞を果たす。

様々な分野の科学的知識を用いて、多角的かつ多面的にルアーフィッシングを研究。新規性と実用性にこだわったルアー開発を行っている。その傍ら、これまではルアーフィッシングの対象とはされてこなかった、もしくはルアーで釣るのは困難とされてきた魚種も研究対象とし、ルアーフィッシング対象魚の更なる多様化を図る研究も行っている。そのため、ルアーフィッシング以外の釣り分野に関しても深い関心と研究する姿勢を持っている。

過去にルアーで釣り上げた魚種はバス、シーバス、ナマズ、ライギョ、ニジマス、ブルーギル、フナ、ハス、コイ、マルタ、コウタイ、カワムツ、ティラピア、ワタカ、メッキ、ターポン、ガーパイク他多数、など多種に及ぶ。